日本大学バスケットボール部

Topics

第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 第3節 【試合結果のお知らせ】

本日行われました、第95回関東大学バスケットボールリーグ戦の試合結果につきましてお知らせいたします。

本学 ー 法政大学

1P 25 ー 13   2P  22 ー 24

3P 17 ー 8    4P  17  ー 18

最終スコアー 81 ー 63

〝戦評〟
スタートは、#14松脇、#8ジャワラ、#10杉本、#60黒田、#0ケイタの5人でゲーム開始。

第1ピリオド開始。序盤、法政大学にパスを回され得点を許してしまうが、本学も#8ジャワラのミドルショットで応戦する。本学#0ケイタがゴール下のオフェンスで果敢に攻めバスケットカウントを誘い本学のリードを広げる。本学の流れは止まらず、#10杉本も同じくバスケットカウントを奪い本学が大きくリードする。その後、第1ピリオド最後ワンプレーにベンチスタートの#4上澤がブザービートのスリーポイントを決め25ー13で本学がリードする。

第2ピリオド開始序盤、法政大学はファーストブレイクを出すが、本学はディフェンスを固め得点を許さない。ところが中盤、法政大学にゾーンプレスを仕掛けられ本学のオフェンスは停滞してしまう。その後点差が徐々に縮まるが、#14松脇がスリーポイントを連続で決め、点差を徐々に離していく。終盤、本学は#59嶋田と#3市橋のピックアンドロールが決まるなどして、さらにリードを広げ、第2ピリオドを終了。47ー37で本学優勢のまま前半を終える。

第3ピリオド開始。序盤、本学は#8ジャワラがインサイドでの連続得点を成功させ、さらに#14松脇がスリーポイントを決める。本学は#0ケイタが4つ目のファウルを吹かれ、得点を許してしまう。しかし#14松脇の粘り強いディフェンスにより、主導権を握らせず、第3ピリオドは64ー45で本学がリードする展開で終わる。

第4ピリオド開始。本学は#3市橋の正確なスリーポイントを始め、#8ジャワラがダンクを叩き込むなどオフェンスの手を緩めることはしない。タイムアップ81ー63で本学が勝利した。

ご声援ありがとうございました。

最終更新日:2019/09/07

日本大学男子バスケットボール部 スコア速報 by Player! 日本大学男子バスケットボール部 スコア速報 by Player!

pagetop