日本大学バスケットボール部

Topics

第94回関東大学バスケットボール1部リーグ戦第13節【試合結果のお知らせ】

本日行われました、第94回関東大学バスケットボール1部リーグ戦の試合結果につきましてお知らせいたします。

本学 ー 大東文化大学

1P 12 ー 21   2P  8 ー  26

3P 21 ー 13   4P   13  ー  18      最終スコア  54 ー 78

〝戦評〟
スタートは、#9島尻、#14松脇、#21青木、#33比嘉、#0ケイタの5人でゲーム開始となりまた。

第1ピリオド序盤、大東文化大#23奥住の3連続3Pシュートなどで16-5とリードを奪われてしまい苦しい立ち上がりとなった。対する本学は、タイムアウト明けに#33比嘉のジャンパー、ベンチスタート#99原のリバウンドシュートなどで加点していく。しかし連続ターンオーバーによって、点差をなかなか縮めることができない。第1ピリオドは大東文化大リードの21-12で終了。

第2ピリオド、大東文化大#15モッチの強い体を活かしたポストプレイによって得点を許してしまう。本学は大東文化大の硬いディフェンスに苦しめられ、なかなか得点することができず、逆に差を広げられてしまう。結局このピリオドで8点しか得点できなかった本学が47-20とリードを広げられる形となって前半終了。

第3ピリオド、本学は序盤#14松脇や#33比嘉のピックアンドロールを起点としたオフェンスが機能し始める。そして#21青木のジャンパーなどで得点を重ねていく。一方、大東文化大はベンチメンバー中心でも相変わらずの試合巧者ぶりを発揮し、本学を寄せ付けない。終盤、大東文化大の僅かな隙を見逃さなかった#14松脇がブザービーターを決めるが、点差を縮めることができず、60-41の大東文化大19点リードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド序盤、本学が猛攻に出る。しかし、ターンオーバーによってなかなかシュートまでいくことができない。大東文化大もシュートまで持ち込むが、最後のシュートを決めきれず、試合は膠着状態となる。そのまま点差は変わらずに試合終了。78-54で本学の敗戦となりました。
応援ありがとうございました。

最終更新日:2018/10/06

pagetop