日本大学バスケットボール部

Topics

第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会 第3回戦【試合結果のお知らせ】

本日行われました、第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会の試合結果につきましてお知らせいたします。

本学 ー 早稲田大学

1P 23 ー 21   2P  18 ー  16

3P 14 ー 16    4P   28  ー  15      最終スコア  83 ー 68

〝戦評〟
スタートは、#8ジャワラ、#14松脇、#21青木、#33比嘉、#0ケイタの5人でゲーム開始となりました。

第1ピリオド、序盤から激しい点の取り合いとなる。早稲田大の#39桑田、#26富田が内外にバランス良く加点されてしまう、さらに#7宮本の3Pシュートが続き勢いに乗られてしまう。対する本学は、#0ケイタのインサイドで加点、さらに#8ジャワラが連続3Pシュートを沈め、23-21と僅かに本学がリードして第1ピリオド終了。

第2ピリオド、本学はベンチスタート#10杉本の攻撃でフリースローで加点、さらにバスケットカウント、ジャンパーなどで加点し、チームを鼓舞する。ですが、対する早稲田大は#13長谷川の激しいディフェンスで本学のミスを誘われて、そこから加点、さらに#41小室にインサイドでやられてしまいます。ですが41-37と本学がリードを保ち、前半を折り返す。

第3ピリオド、開始早々、早稲田大の#15森定を起点に#26富田、#41小室らインサイド陣にゴール下で得点を許してしまい同点とされる。本学は#8ジャワラ、#0ケイタらがコンスタントに加点する。ですが早稲田大は、内外問わず攻撃するも、決められたら決め返す展開となり、55-53と本学が依然とリードを保ち、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、本学は#21青木がファウルをもらいながら3Pシュートを沈め、流れを掴む。しかし、早稲田大の#27濱田、#41小室が3Pシュートを沈めるも、本学の攻撃を止めることが出来ず点差は縮まらず。本学が終始リードを保ち、タイムアップ。83-68となり本学が準決勝へと駒を進めた。

ご声援ありがとうございました。
明日も応援のほどよろしくお願い致します。

最終更新日:2018/12/15

pagetop